トップページ>>
 |アトピー湿疹対策汁が出る時期(アトピーじゅくじゅく期)の対策強い乾燥期の対策乾燥・落屑時期の対策サメ肌・鳥肌時期の対策赤い湿疹(発疹)時期の対策脱ステロイド対策頭皮アトピー対策

サメ肌・鳥肌時期の対策

サメ肌とは、毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)といって、皮膚がサメの肌のようにざらざらになってしまうことをいいます。
正式には、魚鱗癬という皮膚の疾患です。サメ肌の症状は、皮膚が乾燥して魚のうろこのようにざらざらし、毛穴が乾いてぼつぼつになったり、粉状のアカが発生したりします。胴体、肩、胸の側面、お尻、手足の、のびる側の皮膚が乾燥して、表面に網状の避け目ができてうろこのようにみえます。サメ肌は、ターンオーバーによってアカとして剥がれ落ちる過程で異常が生じることで起こります。サメ肌は遺伝性といわれ、思春期の頃に多く発症し、30歳を過ぎる頃には自然となくなるといわています。アトピーの場合は、詳しくは解明されていませんが、アトピーの治癒過程には一連の流れがあり、落屑時期をすぎるとボツボツとした毛穴が隆起したサメ肌になります。皮膚もそこそこ強くなってきているのか、掻いても隆起している先だけが破れて、それほど炎症を起こさないという状態です。
おそらく、毛穴のひとつひとつから老廃物をだそうとしているのだと考えられます。入浴や運動をしてデトックスを促すと、毛穴は小さくなり、次の赤い発疹時期の発疹もきえるのがはやくなるからです。
サメ肌は症状も重度もさまざまですが、治療法はさまざまありますので、症状を改善することができるので、皮膚科に行って治療しましょう。

サメ肌の治療薬

サメ肌の治療法は、角質層を乾燥させないようにするとともに、保湿外用薬や角質軟化薬を用いた治療法で治療もします。
重症である場合は、レチノイドの内服を行います。また、さめ肌の治療法としてビタミンAが不足することが原因で起こるので、ビタミンA誘導体であるエトレチネートを用いる場合もあります。他の治療法として尿素軟膏もよく使用される治療法です。また、サメ肌のざらざらや毛穴のぼつぼつを改善するためには、治療法としてお肌のケアが大切。お肌や毛穴を柔らかくするために、入浴後は化粧水や保湿効果の高いスキンケア対策をしましょう。さらに優しくマッサージをすることも、サメ肌の治療法になるそうです。

サメ肌に効くビタミンA

サメ肌の治療法として、食事による治療法もあります。サメ肌は、ビタミンAが不足することも原因の一つです。
ビタミンAは、肌荒れを防ぐ効用があり、ビタミンAが不足すると、お肌が乾燥して、角質が硬くなってしまいます。
ビタミンAを含む食材は、レバー、うなぎ、ブロッコリー、つるむらさき、チーズ、パセリ、ほうれん草などがあります。
これらの食材は、脂肪分と一緒に摂取すると、効率よく体に吸収されるといわれています。さらに、睡眠不足や偏食をすると、お肌に悪い影響を与えます。新陳代謝も正常に行われなくなります。規則正しい生活習慣を身につけることも、サメ肌の治療法といえます。