トップページ>>
 |アトピー湿疹対策汁が出る時期(アトピーじゅくじゅく期)の対策強い乾燥期の対策乾燥・落屑時期の対策サメ肌・鳥肌時期の対策赤い湿疹(発疹)時期の対策脱ステロイド対策頭皮アトピー対策

赤い湿疹(発疹)時期の対策

赤い発疹は体内に熱がこもっていることを表しており、急性期の症状です。
西洋医学の炎症にあたります。じんましんやアトピー性皮膚炎などの急性期以外にも、ニキビや吹き出物、汗疹(あせも)、接触性皮膚炎(かぶれ)、蕁麻疹、虫刺されでもみられます。
アトピーによる湿疹(発疹)にも色々なタイプがあります。例えば、皮膚が破れて糜爛(びらん)になっているもの、ニキビのように芯やシコリがあるもの、蕁麻疹のように地図状に広がるもの、サメ肌のように毛穴が隆起するもの等です。
また、アトピーの段階によっても湿疹のタイプが異なる場合が多く、皮膚の代謝の過程と関係があると考えられています。

蕁麻疹のようなアトピーの湿疹(発疹)

まだらに細かい湿疹が沢山でます。かなり強い痒みを伴います。 掻くと必ず掻き壊し、そこから汁がでます。服を着るだけでもチクチクして痛いので、馬油を塗って緩和させると良いでしょう。 脱ステロイド時期にもみられる赤い湿疹です。

湿疹が大きくなり、シコリになってしまう

掻き壊した部分に、皮が張り、また痒くなって、剥がすを繰り返してしまうと、アトピーの湿疹が大きくなってシコリになってしまいます。
皮を剥ぐと汁が出て痛みが増します。服に触れると痛いので、馬油や麻の実オイルで保護すると良いでしょう。
乾燥を伴う湿疹は、このように湿疹が難治化するケースが多く、皮が張っては剥いてを繰り返してしまいます。できる限り、こうならないようにしましょう。

赤みのある湿疹(発疹)

ただれのような湿疹がでます。痒みが強く、掻くと汁と血がでます。熱をもっている感じです。 数日たつと乾燥して、全体的に皮が張ります。動かすとパリッとひび割れを起こし、ヒリヒリして、すごく痛みます。
皮が厚くなってくると、ムズムズとした痒みがでて、掻いてしまうほどです。
皮を剥がし掻き壊してしまう恐れがあります。それの繰り返しです。 湿疹というよりは糜爛(びらん)に近い状態でしょう。

虫刺されのような湿疹(発疹)

赤くボツボツと大きい湿疹がでます。痒みや痛みがなく、アトピーの湿疹ではないのかとも思うかもしれませんが、アトピー治癒過程の段階を経た後ならば、行き場の無くなったアトピーの湿疹が、今までに出てなかった場所を求め、最後の足掻きとしてでたのかもしれません。 この湿疹は、数日後に枯れて、パラパラと皮が剥け、何事もなかったようにキレイに治ります。