トップページ>>
 |アトピー湿疹対策汁が出る時期(アトピーじゅくじゅく期)の対策強い乾燥期の対策乾燥・落屑時期の対策サメ肌・鳥肌時期の対策赤い湿疹(発疹)時期の対策脱ステロイド対策頭皮アトピー対策

脱ステロイド対策

脱ステロイドとは?

脱ステロイドについてかんたんに説明します。
アトピーや湿疹などの強いかゆみを緩和させる薬である「ステロイド剤」を長期的に使うと副作用の恐れがあります。
そのため、その「ステロイド剤」を使わないでも良い体質・肌質に変えて行くことをいいます。
アトピーの際に病院へ行くと、必ずステロイド軟膏を処方されます。ステロイドは、アトピーや湿疹などの皮膚病に大きな効果があります。
しかし、強いかゆみを緩和させるだけのものですので、根本的な完治には至りません。薬を塗るのを止めると、また痒みを伴います。
ステロイドは、その強い治療の効果の代償として、リバウンドなどの強い副作用があります。

ステロイドの副作用

ステロイドも短期的使用であれば、正しい使い方をしている以上、問題はありません。
長期使用の副作用により、副腎の抑制やクッシング症候群などがあげられますが、もちろんこれも、相当量の使用をしない限り問題ないでしょう。
いちばん問題なのは、皮膚への副作用です。
皮膚萎縮、ステロイド紫斑、毛細血管拡張などの症状が副作用としてでる可能性は非常に高くなります。ステロイドの吸収率の高い顔などに使用した場合は、顕著で、赤ら顔・掻破によるリンパ液・滲出液の破出などの副作用が現われ、それが体の部位に及ぶ場合もあります。アトピーの場合、これらの症状が顕著に現れます。アトピーのあるなしに関係なく、使わないにこしたことはありません。(アトピーの症状や状態によって一時的に使ったほうがよい場合もあります。)

アトピー治療 ~脱ステロイド~

これらのアトピーの治療は、まずステロイドを止める脱ステロイド(脱ステ)が必要ですが、急に脱ステロイドをすると激しいリバウンド症状などの副作用がでる可能性があります。リバウンドを軽減するために、ゆっくりと脱ステロイド(脱ステ)の治療をするためにも、非ステロイド製品で脱ステロイドをして、アトピーの治療をする必要があります。

基本的な脱ステロイド(脱ステ)からのアトピーの治癒までの流れ

徐々に今使っているステロイドのランクを下げる
(ステロイドにはStrongest VeryStrong Strong medium weakの5種類があります。)
痒みの原因となる食事を制限 、アトピーに効果のあるサプリメントの摂取

ステロイド軟膏と非ステロイド軟膏との併用、 痒みの原因となる食事を制限、アトピーに効果のあるサプリメントの摂取

ステロイド軟膏使用を止める、 非ステロイドのみ使用、 痒みの原因となる食事を制限、アトピーに効果のあるサプリメントの摂取

非ステロイド軟膏使用を止める (脱保湿・脱軟膏)、 痒みの原因となる食事を制限、アトピーに効果のあるサプリメントの摂取

正常な皮膚の回復
アトピーの脱ステロイド(脱ステ)は簡単ではなく苦痛を伴うものです。特にリバウンドでは症状を無理やり抑えていたステロイドを止めるわけですから悪化する可能性がかなりあります。また、脱ステロイド(脱ステ)の最中は鬱や精神的に不安定になりがちです。心のケアのことも考えて行う必要があります。 これらのことを乗り越えて通常の皮膚を取り戻しましょう。